びまん性脱毛症を治療するには

脱毛で悩むのは男性だけじゃない

頭髪の脱毛と言うと男性の脱毛と思われがちです。
頭頂部分の薄毛を無理に隠そうとしたり、生え際が後退してくるなど、その形態により
薄毛の呼び方が作られてしまったりしているからかもしれません。
しかし、多くの女性が脱毛に悩んでいるのです。
中には20代、30代から脱毛が始まることもあります。
髪は女の命という言葉がある日本では髪の美しさは個々の感性は様々ですが女性にとって
ステイタスなのだと考える方もおり、脱毛は男性以上に深刻な問題なのです。

びまん性脱毛症を治療するにはどうしたらいいの?

女性の脱毛をびまん性脱毛症と言いますが、大きく分けると3つに分けることができます。
もっとも多い女性男性型脱毛症(FAGAとも言います。)は、男性ホルモンの影響で発症する脱毛症です。
男性の脱毛症(AGA)には内服薬を使用することがほとんどですが、
これまではホルモン毛の作用が強すぎて女性は服用する事ができませんでした。
現在は女性のFAGAの治療薬としてパントスチンという薬(塗布薬)が開発されえおり、
軽度のFAGAに効果的であることがわかっています。

パントスチンはアルファトラジオールという成分が主成分です。
テストステロンという男性ホルモンが酵素の働きを受けて脱毛を促進させてしまう
ジヒドテストステロンという男性ホルモンに変換されてしまうのを阻害する働きがあります。
脱毛を抑制するので発毛を促進してくれるわけではありませんが、
毛周期が整うことで必然的に以前の毛量に戻すことができます。
塗布薬で副作用はほとんどないのが特徴ですが市販薬ではなく、医師の処方が必要です。

医師の処方が無くても自分で購入できるものには育毛剤があります。
自然由来の天然成分で血行を促進させるものや生薬を配合した物など、
女性用の育毛剤をインターネットで検索してみれば数十種類はヒットしますが、
上位にはハリモアやマイナチュレといった酸化防止剤や着色料、合成保存料などが無添加の商品がランクインされているようです。

その他には男性のAGA治療で使用されるミノキシジルを配合した商品も大正製薬から発売されていますが、
高血圧や心臓病の持病を持つ方は使用できないという制約があります。

脱毛症治療の内服薬はあるの?

医師により処方される薬としてドイツで開発されたパントガールという内服薬があります。
パントガールの成分はL-シスチン、ケラチン、ビタミンB1、パントテン酸カルシウムなど、サプリメント的なものです。
日常生活では摂取しきれない成分であり、髪が成長するのに必要な成分を補うことで発毛を促進させる薬です。

生活習慣や食生活の乱れなど年齢的な要因以外で脱毛を発症している方に効果的であり、
毛根を活性化させ、毛乳頭に栄養を運ぶ毛細血管の血流がよくなることで健康な髪が作られるのを助けるのです。

成分的にも即効性がある薬ではなく、3ヶ月の継続内服が必要です。
医師の診察をうけ、適切に処方してもらうようにしましょう。
自由診療のため保険はきかず1か月あたり1万円前後~1万5000円程度のクリニックが多いようです。

その他には直接脱毛症の治療につながるものではありませんが、血の巡りや自律神経を整え、体の機能を整える漢方があります。
女性に多い冷えが血行不良の原因となり、脱毛を促進させている可能性もあります。
FAGAによる脱毛症ではない場合には漢方を検討してみるのもよいでしょう。

脱毛症になったらどこの病院へ行くべき?

脱毛症には専門の脱毛外来のクリニックがあります。
脱毛と聞くと皮膚科を想像してしまいますが、脱毛を取り扱っていないクリニックも多く、検査などを十分に行うことができない可能性もあります。
皮膚科へ行くならば脱毛科が設置されている少し大きめのクリニックや大学病院に行くとよいでしょう。

大学病院だと、順天堂大学や慶応大学、東京医科大学などが皮膚科の中に脱毛診療も含まれています。
脱毛専門外来のクリニックへ行くのは気が引けるという方は自宅近くの総合病院の皮膚科で
脱毛科の有無や専門治療ができるかどうかを調べてみるとよいでしょう。